銀のフレーズアプリはTOEIC500点以下にオススメ。使い方解説

「TOEICを受けたいけど、既存のTOEIC単語帳やアプリが難しい!」とお悩みの人に朗報です。

究極のTOEIC英単語帳と名高い『金のフレーズ』の初心者編、『銀のフレーズ』が一番おすすめです。

ハロー、エブリワン!TOEICアプリ研究所の前原・ジョブズです。

TOEICを攻略するときに必須なのが、ボキャブラリーこと語彙力!

なんですが、私のようにあまりに中学と高校時代に勉強しておらず、中学生レベルの単語が不安な人はどうしたらいいでしょうか?

そう!TOEICを受けるために勉強しているのに、その練習用のテキストに出てくる単語がわからなかったら、勉強がツラすぎますよね!

まさにオシャレになりたくて服屋に行きたいのに、手持ちの服がダサすぎて、服屋に買いにいく服すらない状態!

そんな人はTOEIC受験者にもいるハズです。

そこでこの記事では、TOEIC300〜400点レベルの人が、TOEIC600点台を目指して勉強する英単語帳、『銀のフレーズ』アプリを紹介します。

『金のフレーズ』や他の英単語アプリとの比較も入れているので、紹介します。

では行ってみましょう。

『銀のフレーズ』って何?

では『銀のフレーズ』とはどんな英単語アプリなんでしょうか?

【関連記事】

金のフレーズアプリは書籍より300円安いのに超絶便利!使い方紹介

TOEIC業界には『金のフレーズ』というアプリがあります。これはTOEIC史上、No.1アプリと名高い教材で、TEX加藤さんというTOEICの先生が作っています。

これは本当にすごく、リクルートが出している『スタディサプリ ENGLISH』のパーソナルコーチも、他社の『金のフレーズ』がいいと勧めるほど、教材のクォリティーがしっかりしていました。

このTEX加藤さんが、TOEIC200〜300点台の読者のために、TOEIC600点を取れるように厳選した英単語帳が『銀のフレーズ』です。

アマゾンの商品紹介にはこんな感じで商品紹介されています。

絶対のバイブル「金フレ」に基礎固め編が登場!
最頻出にして最重要単語1000語を、頻出フレーズに凝縮。
毎回受験の満点講師が贈る「最短ルートで600点」。

そう、『金のフレーズ』がTOEIC900点以上をとるために作った英単語教材なら、『銀のフレーズ』はTOEIC600点以上をとる人のために作られた教材なんですね。

TEX加藤さんはブログにこんなことを書いていました。

私は普段、専門学校で、週約400名の学生を指導しています。

現場感覚として、TOEIC500点程度の実力があれば、金フレは使えます。ですが、400点台以下の学生の多くは、金フレ以前の単語に抜けがあります。

そうした200点台・300点台の学生でも使えるような単語集があればよいなと思い、銀フレの執筆をスタートしました。

引用:TEX加藤さんのブログ

たしかに銀のフレーズを使ってみると、中学校で習う初歩の初歩の単語から、TOEIC受験用の単語が並んでいます。

ちなみにTEX加藤さんのブログで『銀のフレーズ』の1〜10と991〜1,000の単語が載っていました。

こんな感じで簡単な単語から、難しい単語まで並んでいます。

また『金のフレーズ』と550語が被っていますが、フレーズは違うそうです。

たしかにぼくも『金のフレーズ』と『銀のフレーズ』を両方並べて比べてみましたが、収録単語は被っていても例文は違っています。

『銀のフレーズ』はTOEIC受験をしたいけど、本当に学生時代英語が苦手な人を対象に作られた教材だと言っていいでしょう。

『銀のフレーズ』と『金のフレーズ』、どっちを選べばいいのか?

『銀のフレーズ』と『金のフレーズ』、両方ありますが、いったいどちらを選べばいいのでしょうか?

この答えは二つあります。

まずすでにTOEICを受験したことがある人は、自分のTOEICスコアで選べば大丈夫です。

・500点以上の人は『金のフレーズ』

・200〜400点台の人は『銀のフレーズ』

という感じで、自分のスコアに合わせて選んでみてください。

まだTOEICを受験していない人は、上記の右側の画像を見てみてください。

・10単語中、5単語以上がわかった人は『金のフレーズ』

・10単語中、4単語以下の人は『銀のフレーズ』

そうやって選ぶといいでしょう。

上の画像は『金のフレーズ』の最初の1〜10単語なので、ここがわかるかどうかで、理解力がわかります。

あまりに知らない英単語ばかりを覚えようとしても、覚えることがたくさんあってオーバーヒートしてしまうので、半分以上わからなかったら『銀のフレーズ』をやったほうがいいでしょう。

『金のフレーズ』と『銀のフレーズ』には類義語、対義語も収録されているので、覚える英単語は一つだけではありません。

だから全く何もわからない『金のフレーズ』を勉強するより、徐々に『銀のフレーズ』をやって、レベルを上げていくといいかと感じます。

アプリ版の『銀のフレーズ』のいいところは?

それでは『銀のフレーズ』の対象読者と、『金のフレーズ』の違いを紹介できたと思います。

ここからはアプリ版の『銀のフレーズ』を詳しく説明してみようと思うので、参考になれば嬉しいです。

紙の『銀のフレーズ』との違いや、他の英単語アプリとの比較。『銀のフレーズ』自体のレビューを混ぜてみました。

初心者の英単語を丁寧に教えてくれる

『銀のフレーズ』のいいところは、初心者用の英単語をきちんと説明してくれているところです。

たとえば「Trip(出張、旅行)」という英単語を、『銀のフレーズ』ではこう説明してくれています。

tripは、ビジネスやレジャー等、目的を持ってどこかの場所を短期間訪れて帰ってくることを指す。

それに対し、travelは、長距離の旅行や出張で様々な場所を訪れることを指す。

どうでしょうか?意外とTOEICで500点くらい取っている人でも、この厳密な違いを把握している人は少ないと感じます。

また実生活で英語を使うときほど、なんでもごっちゃにして使いがちなので、この詳しい説明はありがたいでしょう。

ぼく自身使ってみてそう感じたので、初心者だけでなく、中級者にもオススメです。

英単語フレーズで覚えられる。

他の英単語アプリと比較した時、『金のフレーズ』や『銀のフレーズ』のいいことろは、英単語のフレーズで覚えられることです。

たとえば「Later(あとで)」という単語だけで覚えるよりも、「I’ll call you later」という表現で覚えた方が覚えやすいんじゃないでしょうか?

他のアプリだと単語で覚えるしかありません。

だからフレーズで覚えたほうが、記憶に定着しやすいです。

また「副詞で使う」と書かれていたら、単語ひとつよりも文章で覚えた方がわかりやすいです。

「Later(副詞)」と覚えるよりも、

「I’ll(主語) call (動詞) you(目的語)later(副詞)」

と文章で覚えた方がわかると感じます。

品詞の判別問題は、TOEICのPart 5のテストでもでるので、絶対にフレーズで覚えたほうが効率いいです。

発音読み上げ機能がついているので、紙よりも充実している

『銀のフレーズ』は紙の書籍が元になっているので、紙の書籍でも購入できます。

ただアプリ版のほうがいいのは、発音読み上げ機能が付いていることです。

TOEICでは990満点中、半分の445点はリスニング問題が占めています。

その時に自分のイメージだけで音読して勉強していると、本番の時に混乱してしまう恐れがあるのが難点です。

たとえば「Via(経由)」という単語がありますが、なんて発音すればいいかわかっている人はいるでしょうか?

これは「ビア」ではなく、「ヴァイア」と読みます。

紙の本ではわからない発音も、アプリではすぐに繰り返し聞けるので、安心して何度も勉強できるといえるでしょう。

『銀のフレーズ』を紙の書籍で購入すると、出版社からのホームページからダウンロードできますが、このスマートフォン時代では面倒じゃないでしょうか?

10年くらい前ならパソコンに音声を入れて、スマートフォンやiPodに転送していましたが、今はアプリを買えば音声も一緒に付いてきてしまいます。

これがアプリ版のいいとこだし、準備に時間をかけなくていいところもメリットです。

『銀のフレーズ』は類義語・対義語、重要単語・フレーズが充実している

『銀のフレーズ』は1,000語載っていますが、ほかにも374語の関連語と、類義語・対義語などが載っています。

だから実質的に1,000単語以上を一冊で学ぶことが可能です。

とくに一つの英単語の名詞や形容詞、副詞の変形は、TOEIC試験でのPart5対策にもなるので、英単語を覚えるときにまとめておきたいところ。

例文の空欄に適切な英単語を選ぶ問題が必ず出てるので、その時に「動詞」「名詞」「形容詞」「副詞」の違いを覚えていると、それだけで解けてしまいます。

でも他のアプリを使っていていると、類義語や対義語が載っていないので、いっぺんに覚えることができません。

英単語の一つの意味しか出ない英単語アプリもよくあるし、もう少し工夫されていても例文だけという英単語アプリもあります。

どうせ毎日英単語を覚えるなら、一緒に学習しておいたほうが効果的なので、いっぺんにできる『銀のフレーズ』の強みはこんなところにあるといえるでしょう。

また『銀のフレーズ』独自の要素として、Supplementというコーナーがあります。

これは著者のTEX加藤さんが、TOEICの問題コーナーなどで使われる単語を本番で使われるのは別に集めて載せてくれたものです。

TOEICは問題文も英語なので、問題文の英語も理解しておかないと解けません。

それを解けるように、TOEICではどこの問題の箇所にこの単語が出てくるのかまで解説してくれます。

本当にやっていてかゆいところに手が届く教材なので、英語が苦手な人ほど使ってほしいです。

TEX加藤さんの豆知識が面白い

TEX加藤さんの作る『金のフレーズ』や『銀のフレーズ』には、勉強だけではない魅力があります。

それがユーモアです。

ふだんは類義語、対義語、解説が書いてあるページに、著者の解説が書いてあるんですね。

TOEICでは、TOEICあるあるというべき、決まったルールがあります。

たとえばTOEICの世界では、仕事や会議に遅刻しても、怒鳴られたり怒られたりする人はいなかったり、何かを頼んでも直接的に断ってくる人はいなかったり……。

どれもクスッと笑ってしまう内容なので、こういうのを見てホッと一息つけるところも『銀のフレーズ』のいいところです。

『銀のフレーズ』アプリの値段は720円

実は『銀のフレーズ』のアプリは、紙の書籍よりも安いです。

アプリの値段は720円で、本屋でテキストを買うと961円します。

241円分(25%オフ)お得になるので、どちらか迷ったらアプリ版をオススメしたいです。

紙の本も便利なんですが、アプリ版には音声が自動的に付いてきます。

またabceedというアプリ内で購入するので、このアプリは勉強時間を自動的に測ってくれるのもいいところです。

自分がどれくらい勉強したのかを知るのはTOEICでスコアを伸ばすときに大事なことなので、アプリ版の方がお得だと言えます。

もちろんお金に余裕あるなら、両方買うのが正解だと思うんですが、そんなに買える余裕がなければアプリがオススメです。

『銀のフレーズ』のデメリット・物足りないところ

もちろん『銀のフレーズ』には物足りないところもあります。

完璧ではないので、デメリットも把握してから、購入するかどうかを選んでみてください。

見やすさに欠ける

アプリ版になくて、紙の本にあるいいところと言えば、見やすさです。

もうこれはどう頑張ってもアプリ版は、紙の本にかないません。

ページをバッとめくれば複数の英単語を見れるし、探しやすさで言えば、アプリの検索機能よりも紙の本が圧勝します。

どうしてもアプリ版は紙のページのデータを移植してきて一枚ずつ表示しているので、ところどころわかりにくいです。

問題をやるときはいいんですが、著者のメッセージやコラムが探しにくかったりするので、そこが弱点かもしれません。

せっかく著者オススメのTOEICを勉強する書籍や、『銀のフレーズ』の使い方が書いてあるのに、ぼくもアプリを使っていて数日後に気づきました。

内容自体はいいので、このあたりはアプリをダウンロードしたら、早めにチェックしてみてください。

忘却曲線に沿って覚える機能がついていない

もうひとつの弱点は、忘却曲線に沿って覚える機能がついていないことです。

忘却曲線とは、人間がどれくらいのスピードで記憶したものを忘れていくか?

心理学者のヘルマン・エビングハウスが調べて発表した概念です。

これによると10個の単語を覚えるのに10分かかったとすると、

20分後に覚え直すのに5.8分。

1日後に覚え直すのに6.6分。

6日後に覚え直すのに7.5分。

1ヶ月後に覚え直すのに7.9分。

という研究結果で出ています。

人間は忘れるようにできているので、一度やっても数日経ったらほぼ忘れてしまうようにできているんですね。

他のTOEICアプリの『マジタン』だと、これを「そろそろ忘れているので、再学習しましょう」という表示が出てくるんですが、『銀のフレーズ』にはそれが出てきません。

だから自分ですぐに気をつけて覚える必要があります。


【関連記事】

英単語学習アプリマジタンの使い方解説|AIが記憶定着度を教える


ただ『銀のフレーズ』は著者のTEX加藤さんが、忘れにくい英単語学習の方法をコラムに書いているので、これを読んで使えば大丈夫でしょう。

『銀のフレーズ』と『金のフレーズ』、他のアプリの比較

ここまで『銀のフレーズ』の良い点も、悪い点も見てきました。

最後に『銀のフレーズ』のアプリ版の特徴がわかるように、グラフでまとめてみたので、紹介してみます。

『銀のフレーズ』 『金のフレーズ』 他社のTOEIC
英単語アプリ
英単語数 1,000語 1,000語 300〜1,300語ほど
英熟語 ×
関連・対義語 ×
解説 ×
豆知識 ×
リスニング
アプリの使いやすさ ◎〜○
他社アプリとの
連携
× ×
レベル 中学生〜 高校生〜 中学生
高校生など

『銀のフレーズ』のいいところは、本当に『金のフレーズ』と変わりありません。

他の英単語アプリよりも覚えるべき英単語が厳選されて、無駄なく楽しく覚えられるのが、最高にいいところでしょう。

その中で『銀のフレーズ』はいいところは、初心者用に英単語が登録し直されているところです。

本当に初歩の初歩の「Work(仕事・作品)」や「Factory(工場)」という単語が並んでいるので、どんなに英語が苦手な人でも安心して勉強できます。

また1,000英単語のうち、550英単語が『金のフレーズ』と一緒なので、全部覚えたら、『金のフレーズ』を使うときにもスムーズに移行できます。

とにかくTOEIC英単語アプリの中では、『金のフレーズ』と『銀のフレーズ』が一番使える教材なので、お金を出せるなら一番のオススメです。

あとは自分の英語のレベルに合わせて、『金のフレーズ』にするか、『銀のフレーズ』にするのか、選んでみてください。

『銀のフレーズ』のアプリの入手方法は?

ここまで『銀のフレーズ』を推されたら使ってみたい!

もしそう思ってくれた人のために、『銀のフレーズ』のアプリの購入方法を紹介させてもらいます。

『銀のフレーズ』と『金のフレーズ』と違って、アプリ単体では売っていません。

ちょっとダウンロードするのに工夫がいるので、そのやり方を解説してみました。

TOEIC対策アプリ abceed

TOEIC対策アプリ abceed
開発元:Globee.Inc
無料

まずabceedというアプリがダウンロードするために必要に必要です。

そのアプリの中で購入するので、最初にこのアプリをダウンロードしてみてください。

iPhone、Android、どちらでも無料でダウンロードます。

アプリをダウンロードしたら、真ん中の見つけるを選んでみてください。

検索か、ランキングから『銀のフレーズ』を探します。

検索が確実ですが、人気の教材なので、ランキングのTOP10にもランクインしています。

『銀のフレーズ』をタップしたら、720円の部分を触り、下に出てくるバナーの「購入する」を選んでください。

iPhoneなら指紋認証をして、課金すれば、購入完了です。

あとは右のライブラリを選び、「購入済み」の部分をタップすれば、好きなときにで勉強することができるので、使ってみてください。

【関連記事】

無料アプリabceed使い方解説|TOEIC受験者2人に1人利用

まとめ 『銀のフレーズ』はTOEIC初心者にオススメの究極の英単語帳

というわけで長くなりましたが、TOEIC試験で使えるスマホ版の英単語アプリ『銀のフレーズ』の紹介は以上です。

『銀のフレーズ』を選ぶときに推しておきたいのは、TOEIC600点台を狙う人にオススメだということです。

またTOEIC800点台を狙いたくても、今のスコアが200〜400点台の人にもオススメだと言えます。

本当に簡単(だけど大事)な英単語から勉強できるので、基礎力固めにはぴったりです。

『金のフレーズ』をめくってみたけど難しかったから、もっと簡単なTOEIC英単語教材を探している人には、ぜひ試してほしいと感じます。

『銀のフレーズ』をアプリ内購入できる『abceed』のダウンロードはこちらからどうぞ。

TOEIC対策アプリ abceed

TOEIC対策アプリ abceed
開発元:Globee.Inc
無料