スタディサプリに数万円払ってもTOIECスコア上がらず?本音評価

スタディサプリENGISHに毎月3,000円、半年で16,800円の一括払うと、本当にTOEICの点数って上がるの?

そんな疑問をいだいていませんか?

ハロー、エブリワン!TOEICアプリ研究所の前原・ジョブズです。

さて、TOEIC試験対策をスマートフォンでやろうとすると、必ず広告で出てくるアプリがリクルートの出している「スタディサプリENGISH」です。

動画の授業がわかりやすそうだし、予備校にも通わなくても済むし、どうやら勉強するカリキュラムもスタディサプリENGLISH側が用意してくれるといいます。

しかし、気になるのが、スタディサプリを使った勉強の効果です。

1年契約したら3万円の教材費を取られるし、パーソナルコーチプランまで使ったら3ヶ月で6万円ほどかかってしまいます。

おまけに関連サイトやブログを読んでも、「スタディサプリENGISHはすごい!」という誉め殺しの記事ばかり。

どうでしょう?ハイパーうさんん臭くありませんか?

というわけで、何でも正直に研究成果を告白するのがモットーのこのサイトでは、10万円ほど支払ってスタディサプリENGISHを使い、誠実に評価してみました。

結論から言うと、やる気と時間ある人間にはいいけど、それ以外の人間には向いていないという結論に至りました。

5ヶ月間、60時間使っている人間が正直に評価してみたので、ぜひ他のサイトでは読めない正直レビューを報告します。

ではどうぞ。

スタディサプリENGISHの特徴

それではさっそくスタディサプリENGISHの紹介です。

スタディサプリENGISHは、日常英会話コースとTOEIC® L&R テスト対策コース ベーシックプランの二つに分かれています。

TOEICは後者のTOEIC® L&R テスト対策コース ベーシックプランなので、ここに入っている5つのプランの特徴的なプランを紹介します。

スタディサプリENGISHのパーフェクト講義

パーフェクト講義は、徹底的にTOEIC対策用に作られた教材です。

Part.1から7までの7つのパートに分かれており、一通りやるとTOEIC対策ができるようになっています。

詳しく説明すると、まずパートの最初にそのパートで重要な勉強方法と攻略方法が解説されます。

次にそのパートごとに区切られた問題が提出されるのです。

パート2の「例題1 慣用表現」というセクションを見ていきましょう。

最初に1〜3問の短い問題パートをやっていき、解き終わったらその問題の講義動画に入ります。

動画を解説してくれるのは、関先生という英語教師の先生です。

大学受験からTOEIC試験までの幅広い英語の対策授業で実績を残している先生であり、何十回もTOEIC試験で満点を取っているそうです。

関先生のTOEIC対策の授業は、説明をちゃんと教えてくれることでしょう。

それが終わると、最初の動画で教えてくれたTOEIC対策に必要な勉強方法をこなしていきます。

Part.2だとディクテーション(耳で聞いた英文の音読を書き取る)をやっていきます。

その次にシャドーイング(耳から聞こえてくる英文に2〜3単語遅れて音読する)の問題が用意されるので、これに従って問題をこなせば大丈夫です。

こんな感じで、TOEIC対策の勉強方法も、講義も、先生の教えてくれる勉強方法も、全部スタディサプリ側で用意してくれます。

一通りやればTOEIC対策ができてしまうので、どの参考書を選んでいいかわからないという人には、勉強方法を迷わなくて済む最適な教材だと言えるでしょう。

パーフェクト講義 – 英文法編

またパート別の対策のほかにも、スタディサプリENGISHにはパーフェクト講義 – 英文法編があります。

これはぼくらが中学校、高校で習って忘れてしまった英文法について思い出させてくれる英文法講座です。

英文法のセクションは、基本的な「基本時制(現在形・過去形・未来形)」から始まり、関係詞や前置詞などの英文法を試験問題と講義動画で教えてくれます。

まず自分がどれだけその文法について覚えているかの「チェック問題」を3問ほどこなします。

その次に関先生による解説動画を見て、自分が本当に文法の意味を理解できているのか、復習と確認していくんです。

そして最後の仕上げとして、10問の問題演習をこなしていきます。

10問の問題は、最初の5問が選択肢二つの選んでこなし、残りの5問は選択肢四つの中から選んでいく実践形式です。

このように普通のTOEIC対策だけでなく、英文法の基礎を固める勉強項目もあるのがスタディサプリENGISHの特徴だと言えるでしょう。

英語を身につけるためには、英単語と英文法の両方を覚えていくことが重要です。

またTOEICのパート5と、パート6は英文法問題が大半なので、ここの得点力アップにも英文法の知識は欠かせません。

TOEIC対策だけだと月額3,000円は高いですが、後述する英単語や英文法も一つのアプリで学べるとなると、かなりお得に感じられるのではないかと使っていてぼくは感じました。

スタディサプリENGISHのTEPPAN英単語

スタディサプリENGISHのアプリの中には英単語学習機能もついています。 

「TEPPAN英単語」と名付けられていて、狙いたいTOEIC目標点数に分けて、覚えるべき英単語を1,410単語用意してくれているんです。

・目標600点 (750単語 計750単語)

・目標730点 (440単語 計1,190単語)

・目標860点 (130単語 計1,320単語)

・目標990点 (90単語  計1,410単語)

このように1,410単語取り扱っていますが、きちんと目標別に分かれているため、無理して難しい英単語を覚える必要もありません。

英単語の内容は10問ずつ区切られたセクションで、4つの選択肢から単語の意味を3秒間以内に答えます。

スキマ時間にパッとできるので、通勤・通学時間、ちょっとした休憩時間にできるので、非常に便利です。

ただ、英単語の意味を見て日本語訳をひたすら答えていくだけなので、実力をつけようと思っても、なかなかつきにくいかもしれません。

他の『金のフレーズ 2』などの有料英単語アプリは英単語の意味だけでなく、熟語や類語なども載っているので、英単語の勉強は物足りないかとやっていて感じました。

ぼくが受けたパーソナルコーチプランのコーチも、

「スタディサプリで英単語学習するのもいいんですが、類語や対義語、関連英単語を覚えられないので、できれば『金のフレーズ 2』と併用して勉強してみてください」

と言っていました。

スタディサプリENGISHで英単語を勉強する効果は、ちょっと物足りないかもしれません。

しかし英単語学習機能もついているのは、スタディサプリENGISHの特徴なので紹介しておきます。

スタディサプリENGISHの実践問題集

スタディサプリENGISHにオンライン経由で申し込むと、自宅に大量の教材が届きます。

これを実践問題集といい、スタディサプリ側でTOEIC試験の対策教材を作ってくれているんです。

TOEIC試験対策をやろうと思ったら、まずこの教材できっちり実践形式で時間を計り、本番同様のTOEIC試験を行います。

そしてスタディサプリのアプリで答え合せをしつつ、文章での解説や先生による解説動画をチェックするんです。

だからスタディサプリENGISHはTOEIC試験のテキストまでついてくるので、そこが大きなメリットだと言えるんじゃないでしょうか?

本屋さんに行って、TOEICの教材を購入すれば、たしかに同じように実践試験問題集をやることができます。

ただスマホアプリで先生による動画解説がある時点で、スタディサプリENGISHのほうが、教材としてしっかりしていると言えるんじゃないでしょうか。

実際にやってみて、ぼくはそう感じました。

パーソナルコーチ

スタディサプリENGISHは、基本的に自分で勉強するアプリです。

ただ、それだとなかなか勉強できないという人もいるんじゃないでしょうか?

また勉強していても、勉強方法につまづいてしまったり、質問したいという人もいるはずです。

そんな人のために用意されたのが、スタディサプリENGISHの「パーソナルコーチプラン」です。

ぼくも実際に3ヶ月間加入してみたんですが、その流れはこんな感じでした。

まず最初に電話でパーソナルコーチと面談をします。

パーソナルコーチは自分でTOEICのハイスコアを持っており(ぼくについてくれた堀部コーチは800点以上のスコアがありました)、コーチ側の学習計画に沿って、毎日勉強をしていきます。

3ヶ月プランは1日2時間、6ヶ月プランは1日1時間の目安で勉強するので、自分がどれくらい勉強できるのかを理解した上で申し込んだ方がいいでしょう。

その後は毎日パーソナルコーチに学習時間と進捗を報告します。

「 パート1〜7をどれほどやったのか」「英単語はどれくらい進んだのか」「1日のトータルの勉強時間はどれくらいだったのか?」

勉強途中でスタディサプリENGISHでつまづいた疑問も、ちゃんとパーソナルコーチに言えば、しっかり教えてくれます。

たとえばぼくが「スタディサプリの英単語勉強だけだと不安です」という質問をしたら、

「私もTOIECで高得点を取った時は、『金のフレーズ 2』という参考書が欠かせませんでした。それを使ってみてください」

というアドバイスが返ってきました。

このようにスタディサプリENGISHを基本に置きながら、全体的に効果的な勉強方法もアドバイスしてくれるので、信用できると使っていて感じました。

ただ、3ヶ月パーソナルコーチをつけてもTOEICの点数が200点も上がるのは、本当にその人の努力によりますので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

短くまとめるなら、パーソナルコーチをつけて得点が上がる人は、

・TOEICの点数をどうしてもあげたいというやる気に燃えている人

・1日の勉強時間を2時間以上取れる人(もしくは週末に勉強時間をまとめて取れる人)

・パーソナルコーチから指示される勉強方法を信じて、黙々と全部こなせる人

が向いていると感じます。

逆にモチベーションが低かったり、時間がない人はパーソナルコーチをつけても短期間で結果は出ません。

パーソナルコーチは魔法ではないので、ちょっとその辺りを把握していないと難しいとぼくは使っていて感じました。

詳しくはこちらの体験記事にまとめています。

【関連記事】

【逆に3ヶ月で−5点】スタディサプリパーソナルコーチを自腹評価

スタディサプリENGISH カフェ

あまり気づいてる人は少ないかもしれませんが、スタディサプリENGISHには「ほっと一息★スタサプカフェ」というサイトに飛ぶことができます。

ここは外部から見ることができず、スタディサプリENGISHと契約している人しか、今のところ見ることができません。

このサイトでは、スタディサプリENGISHやTOEIC、英語に関するコラムが載っています。

読者から関先生に寄せられた「TOEICの点数が上がらなくて困ってます。」などの質問を、独自の視点でズバッと答えてくれるので、意外とここを読むのも楽しいです。

たとえば「英語の勉強に集中できないんですけど、どうすればいいでしょうか?」などの質問に、スタディサプリENGISHで動画講義してくれてる関先生はこんな形で答えてくれています。

「徹底的に自分を甘やかしましょう!楽しいことは最高の環境を用意するのに、自分の勉強になるとストイックな環境を用意してしまうのがよくないです。

集中力が続かないなら好きなものを食べながらやってみるなどの工夫をしてみてください。ぼくも集中力ないので、ケーキを食べながら勉強したりしてますよ」

こんな目からウロコのオリジナルコンテンツ記事を読めるので、TOEICの勉強方法でも新しいやり方、考え方を教えてくれるのがいいところです。

意外と役に立つコラム満載なので、スタディサプリENGISHに入ったら、ぜひ読んでみることをオススメします。

スタディサプリENGISHの値段

スタディサプリENGISHの料金は以下の通りです。

スタディサプリ
ENGISH
12ヶ月パック 6ヶ月パック 月々払い
クレジットカード・携帯キャリア決済
※12ヶ月パック・6ヶ月パックはクレジットカードのみ
月あたり2,480円
一括払い29,760円
月あたり2,780円
一括払い16,680円
月々2,980円
AppStore決済 月々3,426円

12ヶ月の一括払いで支払うと、29,760円。1ヶ月あたり2,480円です。

6ヶ月分の一括払いで支払うと、16,680円。1ヶ月あたり2,780円です。

どうしてもまとめた金額を最初に振り込んでしまうと、「え?1年間の料金は3万円も支払うの?半年分は1万7千円?」と驚いてしまいます。

しかし月額にすると、2,480〜2,780円なので、これならちょうどいいのではないんでしょうか?

また個人的にやっていて思いますが、なかなかTOEICの点数は上がりません。

今まで全然英語を使ってこないで、いきなりTOEICの勉強をしようとした人は、英語を勉強する習慣を身につけるのにも大変です。

忘れていた英文法、英単語を覚え直すのにも時間がかかりますし、半年間の契約でさえも短いと個人的には感じます。

意外と値段は適切に設定されているのかと感じました。

あとiPhoneのAppストア(アプリをダウンロードするアップルのストア)で契約すると、月額で約3,500円も取られてしまいます。

月額でお試しをしてみたければ、リクルートのスタディサプリENGISH側で直接契約して試してみて、自分に合わなかったらやめてみたほうがいいでしょう。

500円の差は大きいので、使いたい人はなるべく利用料金の節約を意識してみてください。高かろうが、安かろうが、スタディサプリENGISHのアプリの内容は変わりませんので。

スタディサプリENGISHのメリット

ここまでスタディサプリENGISHの特徴を説明してきました。

しかしスタディサプリENGISHは毎月2,500〜3,500円かかるアプリなので、なかなか契約するハードルが高いんじゃないしょうか?

ぼくはTOEICをやると決めたので投資は惜しみませんでしたが、そんな悩みを持っている人は多そうです。

そこでここからは正直にレビューしていこうと思います。

TOEICの勉強方法をスタディサプリENGISH側で全部用意してくれるので、迷わない

スタディサプリENGISHのいいところは、TOEIC攻略のカリキュラムを全部揃えてくれているところです。

パート別の対策もあるし、英単語や英文法の授業もあります。

なので、教材選びで迷わくてもいいのがメリットです。

わざわざ本屋さんに行って、いくつもある棚の中からどの教材が自分にとっていいのか?

TOEIC用のスマートフォンアプリをダウンロードしようとしたらありすぎて、どれがいいのかわからない……。

そんな悩みを解決してくれます。

パート別対策もしっかりしていますし、英文法の講義もちゃんとしています。試験問題集も付いているので、教材の作りに関しては安心して大丈夫です。

唯一のダメなところは類義語や対義語が学べない英単語学習機能くらいなので、そこだけは最強のTOEIC英単語帳と名高い『金のフレーズ 2』を使ってみてください。

勉強時間をアプリ側で測ってくれるので、実力を把握しやすい

またスタディサプリENGISHのいいところは、勉強時間をアプリ側で自動的に測ってくれることです。

この機能のおかげで、自分がちゃんと勉強したのかをシリアスに向き合うことできるんです(笑)

逆に時間を測っていないと、なんとなくで勉強してしまいがちになってしまいます。

机に向かったのは21時だったから、今は22時だし、1時間勉強したぞ!

なんて計算をしてしまいがちですが、スタディサプリENGISH側では授業を見た時間、問題を解いた時間などに限って測ってくれます。

自分のTOEICの結果は、勉強時間をきちんと測り、その勉強時間の量をどう反省して、改善するかにかかっています。

だらしない人やテキトーな人ほど現実を見せつけられるので、自分に甘い人ほど向いているでしょう。

動画授業あるので、理解スピードが早い

スタディサプリENGISHにあって、他のアプリや学習参考書にない大きな特長は、動画の講義です。

動画の講義のメリットは、どんなダメな人でもラクに勉強ができることでしょう。

たとえば読書やブログを読む人は少なくても、テレビやYouTubeを見る人は多いはずです。

これは動画というメディアの情報が多いので、理解力を格段に高めてくれてるからに他なりません。

動画には文字や音声もあり、図や動きもあるので、格段に伝わりやすいんですね。

しかもこちらから読み進めなくても、再生ボタンを押したら自動的に講義が始まります。

お金はかかっていますが、自分で参考書を読んで解釈する手間(時間)を短くすることができると言えるでしょう。

スタディサプリENGISHのデメリット・向いていない人

逆にスタディサプリENGISHにはデメリットや向いていないポイントもあるので、それを紹介します。

電波の通じる通信環境がないと、全然使えない(オフラインでの勉強機能がない)

スタディサプリENGISHの弱点は、電波が通じていないと使えない点です。

たとえばWiFi(ワイファイ)やスマホの電波がないと、何にも勉強できません。

問題を解き終わっても電波がなかったら、どれほど勉強したか?いう勉強記録ができないんです。

この不具合のせいで、ぼくは何度貴重な勉強時間の記録ができなかったか……。

2018年8月にチェック問題、実践問題の一括ダウンロード機能が追加されましたが、依然として記録は電波がないとできません。

外(WiFi(ワイファイ)のないところ)でアプリを使うと、パケット通信料がけっこうかかる)

また動画のダウンロードもできないので、外で勉強すると、けっこうパケット通信料がかかってしまいます。

このために携帯の契約プランは10GB以上に入っていることが望ましいです。

特に動画の講義を見ていると、けっこうパケット通信料を使ってしまうので、携帯代もかさみます。

通信費も勉強代として割り切るか、格安SIMの大容量通信プランに切り替えて、なるべく節約する努力が必要です。

本気で時間をかけて勉強しないと点数が上がらない

これが最後のデメリットというか、スタディサプリENGISHの最大の問題点ですが、お金をかけたからといってTOEICの点数が上がるわけではないことです。

ぶっちゃけぼくは半年間使っていますが、3ヶ月前の点数と現在の点数はほぼ横ばいになっています……。

お金をかけたからと言っても、本人がどれほど時間をかけられるのか?毎日続けられるのか?にかかっています。

いまぼくは心から反省しているのですが、この記事を読んでくれている人たちが中途半端な気持ちでスタディサプリENGISHを申し込もうと思っているなら、申し込まないほうがいいです。

お金をかけても、一日1時間くらいの勉強だとなかなか点数は上げられないので、本気で1年間くらい勉強したい人にオススメします。

【関連記事】

スタディサプリだけでTOEICを受験して、果たして点数は上がったのか?それを試してみた記事がこちらです。

第1回目のTOEIC受験の結果は以下の通りでした。

アプリだけで勉強した結果は?初めてTOEICを受験してみました

その後にスタディサプリを100時間以上やってみて、TOEICを受験してみた結果がこちらです。

3ヶ月間で結果は出ませんでしたが、9ヶ月間かけて140時間勉強をしたら、ちゃんとしたスコアアップを成し遂げられました。

【関連記事】

TOEICにスタディサプリは効果ある?計140時間の結果を報告

ツイッター上でのスタディサプリENGISHの口コミ

最後にツイッター上でのスタディサプリENGISHの口コミを集めてみたのて、参考にしてみてください。

ぼくは辛口でしたが、ツイッター上では概ね高評価でした!

まとめ スタディサプリENGISHはやる気のあるTOEIC勉強初心者の最強の味方です

というわけで、ここまでスタディサプリENGISHの正直なレビューをしてきました。

最後にスタディサプリENGISHに向いている人と向いていない人を紹介します。

向いている人はこちらです。

・TOEICを受けることを決めていて、教材選びをこれ以上悩みたくない人(スタディサプリENGISHは単語帳以外は完璧です)

・久しぶりに英語を勉強するので、なるべく丁寧に勉強したい人(先生の解説してくれる講義動画があるので、文字を読むより理解が進みます)

・勉強をついサボりがちになってしまう人(アプリ側で勉強時間を測ってくれるので、きちんと自分の勉強時間と実力を把握できます)

・絶対に点数を上げたいとやる気にあふれてる人(スタディサプリENGISHは魔法じゃないので、自分でガツガツ勉強しないと上がりません)

反対にスタディサプリENGISHに向いていない人はこんな感じです。

・自分でTOEICに使う教材選びをできる人(スタディサプリENGISHは高いので、勉強費用を節約したい人には向いていません)

・スマホの通信にお金をかけられない人(動画を視聴するので、WiFi(ワイファイ)か、10GB以上の通信容量必須!)

・まあまあのやる気でTOEICの点数を上げたい人(TOEICの参考書を買っても積ん読で終わる人は余計にお金かかってもったいないです)

という感じです。

一言でまとめるなら、

スタディサプリENGISHの一言まとめ

教材選びに迷いたくない人、丁寧に英語を勉強したい人、やる気を持ってどこでも勉強したい人

そんな人にはすごく向いている教材だと感じました。

簡単に勉強できそうに見えて、結果を出すにはだいぶ人を選ぶスタディサプリENGISHですが、教材の中身はしっかりしてるので安心してください。

あとはどれほど自分にやる気があって全力でやれるかにかかっています。

ためしに無料で1週間体験できるので、そこで向き不向きを比べてみてください。

ではまた。