TOEIC唯一の公式アプリのEnglish Upgrader紹介

TOEICが唯一出している公式のスマホアプリ、English Upgraderを知っていますか?

ハロー、エブリワン!TOEICアプリ研究所の前原・ジョブズです。

さて現在はキラ星のごとく、無数のTOEIC対策アプリが出されています。

しかしその中でも唯一、TOEICが公式で出しているのは一つだけです。

「English Upgrader」というアプリなのですが、このアプリはTOEICの申し込みもできつつ、リスニング対策の問題も用意されている優れもの。

特にアプリからTOEICテストの申し込みや点数の確認ができれば、言うことないですよね。

意外と穴場の無料アプリなので、ダウンロードしておくと役に立ちますよ。

では行ってみましょう。

English Upgraderの特徴

English Upgraderの機能は主に二つあります。

・TOEICの申し込み、日程確認

・リスニングのポッドキャスト機能

です。

はっきり言うと、English Upgraderは公式アプリなので、TOEICの申し込みや日程、点数確認の機能がメインです。

TOEICのリスニング問題の対策になるポッドキャストもありますが、新しいポッドキャストは頻繁に更新されていません。

そこが少し残念なのですが、すでにあるポッドキャストだけでも充分な量があるので、無料のリスニングの練習に使えます。

この記事では一つ一つ紹介していきたいと思います。

ENGLISH UPGRADERの特徴 NEW機能

ENGLISH UPGRADERの大きな特徴は、TOEICの申し込み機能です。

アプリの真ん中のNEWSという項目を押すと、TOEIC Programの説明とスケジュールが出ます。

TOEIC Programの説明は、4つあるTOEIC試験を説明しています。

・TOEIC Tests (Listening Reading)

・TOEIC Tests (Speaking Writing)

・TOEIC Bridge Tests (Listening Reading)

・TOEIC Bridge Tests (Speaking Writing)

多くの人が知っていて、また受験するのはTOEICのTOEIC Tests (Listening Reading)でしょう。

世間一般的には、これがTOEICのすべてだと思われているくらいです。

しかしTOEICには話したり、書いたりする能力を測るTOEIC Tests (Speaking Writing)もあります。

おなじく英語初心者から中級者までに絞ったTOEIC Bridge Tests もあります。

このあたりも公式アプリなので、きちんと解説をしてくれているのが特徴です。

またENGLISH UPGRADERにはSchedule機能もあります。

Scheduleは、最新のTOEICの日程を確認できる機能です。

アプリ内のリンクからTOEICの公式サイトに飛ぶ仕組みになっているので、TOEICの日程を確認できます。

そこからTOEICの申し込みができるので、迷うことがないのが特徴です。

ENGLISH UPGRADERとTOEIC公式サイトの違い

ENGLISH UPGRADERはアプリを立ち上げても、結局TOEICの公式サイトに移動するから意味がないんじゃない?

そう思う人もいるかもしれません。

しかしENGLISH UPGRADERのアプリをダウンロードしておくメリットは、「通知機能」です。

ENGLISH UPGRADERのアプリをスマートフォンにダウンロードして、「通知機能」をオンにしておくと、自動的にアプリがTOEICの日時を通知してくれます。

このおかげで「TOEIC試験の申し込みを忘れないで済む」んです。

他にもTOEICの日程を知らせる機能は、TOEICの公式サイトでメール通知してくれるように登録したり、TOEICの公式ツイッターをフォローすると情報が流れてきます。

しかしメールもツイッターも他の情報と一緒に入ってくるので、気づきにくいと言えるでしょう。

その点、スマホの通知機能は一番気付きやすいので、これだけでもENGLISH UPGRADERのアプリをいれておくメリットはあると思います。

リスニングのポッドキャスト機能

ENGLISH UPGRADERの機能はそれだけではありません。

ポッドキャスト機能もついているので、TOEICのリスニングの練習にもなるんです。

ENGLISH UPGRADERの一番左下をタップすると、ズラッとポッドキャストが並んでいます。

シチュエーションごとに分かれていて、「サプライズパーティーを祝う計画」「CDショップでの会話」など、さまざまなポッドキャストがありました。

数えてみると、5シリーズ、63個のポッドキャストがあったので、無料なら十分のクォリティーと量です。



項目を選ぶとダウンロードが始まります。

リスニングのポッドキャスト機能の使い方

ポッドキャストを選んだら、ダウンロードをしましょう。

ダウンロードをすると、二つの項目が現れます。

・リスニングモード

・クイズモード

基本的にはリスニングモードを聞いてから、クイズモードをやりましょう。

クイズモードは出題する会話内容をしゃべってくれません。

先に一通りリスニングで聞くことをお勧めします。

リスニングモード

リスニングモードはラジオのような感じで、白石りささんという女性DJがしゃべり、元の英文を流してくれます。

たとえば「サプライズパーティーの計画」だと、「会社の同僚に対して、サプライズパーティーを祝う計画の話です」という説明が入りました。

そのあとに二人の英会話が続きます。

それが終わったら、会話中に出てきたフレーズの確認です。

「He is turning fifty this year(彼は今年、50歳になる)」

など、「be truing fifty(50歳になる)」を抜き出して、フレーズ(英熟語)の説明をしてくれます。

普段の会話で使えそうなフレーズをどんどん紹介してくれるので、かなりありたがたいです。

それが終わると、3つのクイズ問題を出して、答えを言ってくれます。

これがまるでTOEICのPart.3のような出題方法なので、ためしにTOEICのリスニングを体験したい人は、試してみるといいのではないでしょうか?



最後に日本語に訳した会話も言ってくれるので、耳で聞いているだけで全てを把握できます。

通勤・通学中などで歩いている最中にもいいと言えるでしょう。

クイズモード

クイズモードはリスニングモードの音声から、3つの内容を問うクイズと、フレーズ(英熟語)を15問ほど出されるものです。

リスニングモードで聞いた話を使い、英会話の正しい内容を3つの回答から当てていきます。

TOEIC本番のPart.3と4を合わせたような感じです。



その後にポッドキャストで出てきたフレーズ(英熟語)をだいたい15問くらい答えていきます。

答え終わると、両方どれくらい解けたのかが表示されるので、それで終わりです。

ENGLISH UPGRADERのポッドキャストは使えるのか?難易度は?

全部で5シリーズ、63個あるENGLISH UPGRADERのポッドキャスト。

実際の使い心地はどうなんでしょうか?

TOEICスコアが640点(リスニングのスコアは375 / 495点満点)のぼくがやってみたところ、ちょっと難しい問題が多かったと感じます。

難しいフレーズが頻出する上に、英語を話すスピードも速い(調整できない)ので、TOEIC300〜500点台の人は他の教材で勉強してもいいかもしれません。

使えるフレーズはたくさんあるので、TOEICの勉強というよりは日常英会話の勉強で使ったほうがいいのではないでしょうか?

それか中級者レベルの人(600点台以上〜)の人が使うにはオススメです。

またTOEICが作っている公式アプリだからと言っても、ポッドキャストの問題が出てくるとは限りません。

特にこのポッドキャストではTOEICが試験で出さないクリスマスなど、特定の宗教の話も出しています。

あくまでも参考程度にするのがいいでしょう。

ただ、無料でTOEICのPart.3と4の対策をやったり、リスニングで耳を鳴らしたい時にはオススメです。

まとめ ENGLISH UPGRADERはTOEICの申し込みやリスニング使える

というわけで、TOEIC唯一の公式アプリのENGLISH UPGRADERの紹介は以上です!

いい点をまとめると、

・アプリ内でTOEIC試験を申し込める

・アプリ側でTOEICの試験日時や申込日締め切りを通知してくれる

・ポッドキャスト機能があって、移動時間にもリスニングの勉強できる

・無料のポッドキャスト1本は10分。それが63本あるので充実している

・フレーズ(英熟語)をたくさん勉強できる

・TOEICのPart.3と4を合わせたリスニング問題を勉強できる

という点です。

反対に悪い点(注意点)をまとめると、

・ポッドキャストのリスニングが難しい(TOEIC600点以上の中級者向け)

・ポッドキャストの内容はTOEIC試験に出てこないものもある(宗教問題など)

・申し込みは公式サイトにリンクを飛ばされるので、アプリ自体の使い勝手は良くない

という点でしょうか。

いい点、悪い点はいいろいろありますが、ぼくはダウンロードする価値はあると感じます。

アプリからTOEICの公式サイトに飛んで申し込みをしやすいですし、TOEICの日程や申し込み締め切りを通知してくれます。

さすがTOEIC公式アプリです。これだけでもアプリをダウンロードする価値はあるでしょう。

他のアプリでは絶対にできないので、使ってみてください。

リスニング用のポッドキャストも難しいですが、TOEICのリスニング試験を感じるには優れています。

TOEIC対策だけでなく、日常英会話の勉強をするためにも使える表現をたくさん学べるので、NHKの英会話をダウンロードする感覚で使ってみるといいんじゃないでしょうか?

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader
開発元:The Institute for International Business Communication